忍者ブログ
サイトの企画色々を表示。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「今日はお客さんを呼んであるんだ」





「客?誰だ」






「じゃーん!オレだよ!」





「ちょ、ルディ!?お前かよ……」





「そういうわけで、今日のゲストはガルディアさんの弟、ルディ君です」





「……似てねぇな、お前ら」





「あはは、似てないよね」





「うるせぇ黙れ!」





「まぁ、よくある事だろう。僕だって親とは全く似ていなかったしね」




「あんたの場合、家族がいるっていう事自体想像できねーな……」





「(兄弟……いいなぁ)じゃあ早速だけど、これからのストーリー展開とかについてちょっとだけ聞いちゃおうかな。ルディ君、どうなるの?」





「ばか!それは企業秘密だ!」






「いいじゃん、ちょっとくらいなら」





「……ちょっとだけだぞ。楽しみにしている人だっているかもしれないんだからな」





「分かってるって。えーと、オヤジを探して竜に会いに行くことになるみたい」





「ふむふむ。ブラスみたいな強引な竜じゃないといいね」






「オレとしては、ああいう親しみやすい人だったらいいんだけどな~」





「人じゃないし……そういえば、ここで喋ってる時ってあの赤トカゲはどこにいるんだ?いつもお前にくっついてるのによ」





「大魔導師さんが気に食わないから一緒にいたくないんだってさ。わがままだよね」





「人には相性があるからね。それも仕方がないことさ」





「いつもすみません……こんなに良い人なのに、何であんなに毛嫌いするんだろうね。分からないな」





「(時々ものすごくズレてるからじゃねーのか……)俺はどちらってーと、そこのやる気のない野郎と一緒にいたくねーな」





「興味のねぇ事にはあまり関わらないようにしてるんだよ。お前さんみたいな煩いのとは特に、な」





「んだとコラー!」





「二人とも、毎回毎回止めようよ~。皆、性格も考え方も違うんだから、少しくらい気に入らなくってもガマンしなきゃ……」





「おれは構わないぜ。喧嘩すんのも面倒くせぇ」





「コイツの場合少しくらいじゃなくて、世界の果てで大声で叫びたいほど気に入らねー!」





「……ルディ君、ガルディアさんっていつもああなの?」






「そうだよ」





「やっぱり、兄弟って……大変かも……」





「ふむ、確かにそれは一理あるかもしれないね。けど、喧嘩するほど仲が良いというだろう?」






「だよね~。何だかんだいって二人とも結構似てるし!」





「似てねー!一緒にすんなー!」





「見た目だけなら似てないこともねぇな。……さて、帰って寝るか」
PR
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]